Telstar

製品ラインナップ

防犯ステッカー専用ページお知らせ

新しい防犯ステッカーの専用ページをご覧いただけます。 ぜひご確認ください。

[生産完了] 半期決算セール 9月16(土)〜9月30日(土)

家庭用防犯カメラのテルスター、初心者でも簡単に設置可能な防犯カメラ。低価格ながら設置場所・昼夜を問わず、監視に威力を発揮する屋外用カメラ

 オールインワンパッケージ
【セット内容】
オールインワンパッケージ

@カメラ本体(ブラケット・日よけカバー装着済) ×1

A延長ポール(出荷時装着済)

B接続ケーブル(映像・電源ケーブル) ×1

CACアダプター ×1

D変換コネクター ×1

Eコンクリートアンカー ×3

F木ネジ ×3

G六角レンチ(大・小) 各×1

H取扱説明書(保証書付き) 各×1

 セットをつなげてみよう

【仮組み】:実際に配線、設置等を行う前に、一度仮組みをすると作業がスムーズです。

・カメラから出ているケーブル(1.8m)と接続ケーブル(20m)の端子をつなぎます。
映像端子をつなぐ際、付属の(BNC-RCA)変換コネクターを使用します。
・オプションケーブルを接続する場合は合計40mまで延長可能です。
・接続ケーブルの映像出力端子を映像機器(別売)の映像入力端子につなぎます。
監視のみであればモニター(別売)に、記録する場合は録画機器(別売)につなぎます。
・接続ケーブル(20m)から出ている端子とACアダプターとをつなぎます。
ACアダプターをコンセントに挿して電源を入れます。

 配線例 

目的に合わせて接続する機器の接続方法を紹介します。
防犯カメラの配線例
記録は不要、来客の確認など映像をご家庭のテレビで観るなら

カメラ1台+家庭用モニター
(監視のみ)

玄関や待合室などの来客の確認、状況の確認などに最適です。カメラからモニターまでの距離が20m以上の場合は別途「延長ケーブル」が必要です。

記録はお手持ちの家庭用レコーダーで、映像はテレビで観るなら

カメラ1台+家庭用レコーダー(+家庭用モニター)
(監視+記録)

玄関やエントランス、レジ上の監視などにも最適です。犯罪の証拠となる録画時刻(タイムスタンプ)は記録されませんが映像を保存することができます。

カメラとモニター付レコーダーで簡単に防犯対策したいなら

カメラ1台+モニター付SDカードレコーダー
(監視+証拠録画)

DVF-7はエントランス、レジ上の監視などに最適。タイムスタンプ入り録画映像は犯罪の証拠として警察に提出可能。録画映像はパソコンで再生可能。家庭用モニターに出力可能。音声は記録不可。

カメラは1〜4台まで接続可能しっかり防犯対策したいなら

カメラを1〜4台+ハードディスクレコーダー
(監視+証拠録画)

HDR-4EXは複数箇所の同時録画が可能。タイムスタンプ機能付。録画データの移動は不可。録画映像を書き出す場合はご家庭のレコーダーにダビング。音声は記録不可。

カメラは1〜4台まで接続可能パソコンでも見たいなら

カメラを1〜4台+ハードディスクレコーダー
(監視+証拠録画)

HDR-5EXは複数箇所の同時録画が可能。タイムスタンプ機能付。別売のUSBメモリーで録画映像をパソコンで簡単に見ることが可能。PCモニターに接続可能。音声は記録不可。

※同軸ケーブル(5C2V)を使用し、映像出力が可能です。最長100mまで延長が可能です。 
『同軸ケーブルを使用する場合』

 カメラの映像をモニターで観てみよう
セットをつなげてみよう

「入力切替」ボタンで画面を切替え
・モニターのリモコンの「入力切替」ボタンを押します。
※入力画面の切替えについては映像機器の取扱説明書をご覧下さい。
・カメラ映像に切り替わります。
※本機では音声を聴くことはできません。








 カメラの設置について

壁面と天井のどちらにも設置できます。
壁面に取付ける場合は壁への負担を軽くするため、延長ポールをはずしますが、壁沿いに向け撮影する場合は延長ポールをお使いいただくことをおすすめします。

※壁からカメラを離すことで、夜間時に赤外線投光器が壁に反射して画面が白くなる症状を緩和します。

 延長ポールの取り外し

[1] はじめに台座の調整ネジを付属の六角レンチ小で緩めます。
[2] つぎに台座を緩めます。
[3] 延長ポールを緩めます。
[4] 最後に台座と延長ポールからケーブルを引き抜きます。

 ブラケットを固定する 

1.設置したい場所にブラケットをしっかりあて、ペンなどでネジの穴位置に印をつけます。

設置場所の確認
本機を設置したい場所に仮置きします。撮影範囲の映像を確認しながら、設置場所を決定します。取付け位置に印をつけます。

2.印をつけた所にドリルなどでφ3mm 程度の下穴を開けます。

下穴を開ける
ドリルなどでφ3mm程度の下穴を開けます。

3.ブラケットを付属の木ネジでブラケットをしっかりと固定します。

ブラケットの固定
付属の木ネジでブラケットをしっかりと固定します。
※コンクリートの壁面などに固定する場合はコンクリートアンカーをご使用ください。
※ネジを紛失しないようご注意ください。

4.撮影範囲を調整します。六角レンチでネジを締め、カメラの角度を固定します。

カメラの調整と固定
撮影範囲を調整します。六角レンチでネジを締め、カメラの角度を固定します。
軸@、軸Aの固定には付属の「六角レンチ大」を使用します。
軸Bの固定は「固定用ツマミ」を締め付けた後、付属の「六角レンチ小」を使用します。

【設置のポイント】
防犯カメラを設置する上でのポイントは、できるだけ「死角」(カメラ映像の写らない範囲)を作らないこと。カメラを複数設置することで効果は高まります。

ページの先頭へ

 カメラブラケットの可動箇所について

カメラブラケットは3軸(@AB)が回転するので、お好みの方向に角度調整ができます。

 撮影画像について

赤外線投光機能のON/OFF時の比較映像です。

夜間は赤外線撮影をするため白黒の映像になります。

・夜間は赤外線撮影をするため白黒の映像になります。

・TR-858WCPは赤外線LEDを18灯実装し、夜間でも約15m先の人物の行動が確認できます。

・暗くなると自動で赤外線投光器による暗視モードに切り替わります。

TR-858WCP 駐車場 カメラ映像

TR-858WCP 駐車場 カメラ映像

※他の機種と画角や映像を比較できます。 「有線/無線 カメラ比較表」へ

 製品仕様

型式TR-858WCP
映像方式カラー(夜間は赤外線撮影をするため白黒の映像)
撮像素子(有効画素数)SONY EXView HAD CCDU1/3型カラー CCD(約48万画素)
レンズ/水平画角f=4.0mm F1.6 / 水平画角67°
水平解像度650本
映像SN比60dB以上(AGC OFF)
最低照度0 LUX(赤外線LED点灯時)
電子シャッター(ELC)1/60〜1/100,000秒
ホワイトバランス自動追従
赤外線波長850nm
赤外線投光距離約15m
デイナイトクロマサプレス
AGC自動
映像出力端子BNCジャック
音声出力端子
電源入力端子5.5φDC電源ジャック
映像出力コンポジット1.0Vp-p 75Ω
保護等級IP66相当
カメラ電源/電流DC12V/85mA(赤外線LED OFF)・370mA(赤外線LED ON)
全消費電力AC100V 1.8W(赤外線LED OFF)・6.0W(赤外線LED ON)
使用温度範囲0℃〜+40℃
外形寸法(mm)日除けカバーなし:φ70×D121(mm) 日除けカバー付:W84.7×H80×D150.8
質量(本体・ブラケット )約790g(ケーブル除く)

 寸法図

寸法図 カメラ+ブラケット
寸法図 カメラ+ブラケット

ページの先頭へ