おすすめプラン

初めて家庭用・小規模施設向けの防犯カメラを選ぼうと思うとなかなか大変です。 最近の家庭用防犯カメラは、以前のアナログカメラ(CVBS)より精細なフルハイビジョン映像で見られるなど性能が格段に向上しました。 また、カメラにもよりますが使用環境に合わせて設定を調整できるようになり、より良い映像が見られるようになりました。このページでは設置のヒントや『おすすめプラン』をご紹介します。

農家 『うちは敷地が広いし、農機具の盗難が心配だなぁ‥・』

広い農家

カメラ1台:農機具のある小屋の様子を昼夜、見たい場合に
普段は小屋全体を、映像の変化があるとズーム⇒TR-H220VZ
カメラ1台:カメラを気づかれずに設置したい場合に
離れた場所から小屋の様子をズームで見る⇒TR-H220VZ
カメラ2台:配線コストを節約、2箇所の出入り口を見たい場合に
離れた場所から2箇所の出入り口の様子をズームで見る⇒TR-H220VZ
※ポールを利用して空中を配線する架空配線や、穴を掘って配管を埋める地中配線はコストがかかります。ズーム機能を活かして離れた場所から見ることができます。

一戸建て 『不審者が怖い!車へイタズラされたらどうしよう‥・』

一戸建て

カメラ1台:玄関軒下から門柱付近全体の様子を映す場合に
門柱付近全体と人が玄関に近づいてきても様子がみれる⇒TR-H210
カメラ2台:門柱付近全体の様子と駐車場の様子を映す場合に
画角の広いカメラは全体を見ることができる⇒TR-H210
カメラ1台:カメラを目立たせずに門柱付近全体の様子を見る場合に
門柱付近全体と人が玄関に近づいてきても様子がみれる⇒TR-H200MD

マンション 『不法侵入や不審者対策をしなくては‥・』

マンション

カメラ2台:マンションのエントランスなど逆光が気になる場合に
昼間、屋外が明るいため、屋内の人物が暗くなるため補正したい⇒TR-H200MD