AHDカメラの配線図や接続に必要な部材をご紹介します。



 接続ケーブル(別売)で新規配線する方法(最大延長距離40m)

カメラの近くに電源がなくても配線できる方法です。接続ケーブル(別売)を使用します。
最大延長距離は約40mまでです。
※1

※1 ケーブルの延長について
ケーブルを延長するとケーブル長に比例して電源電圧が下がり、赤外線投光性能の低下や映像にノイズが発生する場合があります。


※ クリックで画像を拡大できます。

TR-H220VZ 配線図

■ 接続ケーブル(別売) C-H10VP(10m)C-H20VP(20m) C-H30VP(30m)

■ 中継コネクター(別売) CH-BJ-BJ(ケーブル同士をつなげる場合に使用します。)


TR-H210 配線図

■ 接続ケーブル(別売) C-H10VP(10m)C-H20VP(20m) C-H30VP(30m)

■ 中継コネクター(別売) CH-BJ-BJ(ケーブル同士をつなげる場合に使用します。)


TR-H200MD 配線図

■ 接続ケーブル(別売) C-H10AVP(10m)C-H20AVP(20m) C-H30AVP(30m)

■ 中継コネクター(別売) CH-BJ-BJCHU-2(ケーブル同士をつなげる場合に使用します。)


※2 テレビへの接続について

テレビへの接続について

お手持ちのテレビのHDMI入力端子にHDMIケーブル(市販品)を接続します。カメラの映像を見るにはリモコンの「入力切替」ボタンをします。詳しくはモニターテレビの取扱説明書をご覧ください。

※3 音声について

ライブ音声を聞く場合はアンプ内蔵スピーカー(市販)に接続します。

※4 端子の防水処理について

ケーブルのコネクター接続部分が屋外になる場合は雨水などによる腐食を防止するために自己融着テープ(市販)で防水処理が必要です。

『自己融着テープの使い方』を参照

ページの先頭へ



 同軸ケーブルで新規配線する方法(最大延長距離100m)

75Ω同軸ケーブル(5C)を使用する方法です。映像信号のみ、最長100mまで配線可能です。カメラの近くに電源を用意する必要があります。

※ クリックで画像を拡大できます。

同軸ケーブル 配線図

■ 変換コネクター(別売) H-BP-FJ(F型接栓をBNCプラグに変換する際に使用します。)


※1 ケーブルの延長について
ケーブルを延長するとケーブル長に比例して電源電圧が下がり、赤外線投光性能の低下や映像にノイズが発生する場合があります。

※5 同軸ケーブルについて

同軸ケーブルにはいくつかの規格がありますが、防犯カメラの映像信号用であれば5Cをお勧めします。

同軸ケーブルの取り扱いはございません。工事業者、ホームセンターなどにお問い合わせください。

関西通信電線株式会社 | 5C-2V 75Ω同軸ケーブルを参照

四国電線株式会社 | 5C-2Vを参照

※注 配線による映像の乱れについて

防犯カメラの映像が乱れる原因のひとつに、配線時にケーブルが電源のノイズを拾い、発生する事があります。その場合、電源ケーブルからできるだけ離して配線してください。

ページの先頭へ


 レコーダー(CVBS)にAHDカメラを増設

既設の防犯用アナログレコーダー(CVBS)にAHDカメラを増設することができます。AHDコンバーターが必要です。

※注 ハイビジョン画質で、映像の録画と確認はできません。

同軸ケーブル 配線図

※ 変換コネクターについて

変換コネクターはカメラ1台につき4個(カメラ⇔電源ユニット間で2個、電源ユニット⇔レコーダー間で2個)必要です。同軸ケーブルの入り口側(カメラ側)の端子と電源ユニットの出入り口でH-4を使用します。出口側は防犯専用レコーダー(BNC端子)を接続する場合はH-4を、家庭用のレコーダーやテレビ(RCA端子)に接続する場合はH-5を使用します。

ページの先頭へ

 既設配線を利用しレコーダー(CVBS)に接続

既設の防犯用アナログレコーダー(CVBS)の既設配線を活かしてAHDカメラを入れ替えすることができます。その際は変換コネクター、変換ケーブル、AHDコンバーターが必要です。

※注 ハイビジョン画質で、映像の録画と確認はできません。


A:既設配線(専用コネクターを変換コネクターC-01SPVを使用して変換)

【対応機種】: TR-857WCP・TR-855WCP・TR-854WVP・TR-853WCP20・TR-853WCP・TR-852WBP

※ クリックで画像を拡大できます。

AHDカメラ入れ替え 配線図

B:既設配線(カメラ付属ケーブル)

【対応機種】: TR-858WCP・VK-P600X・VK-P500X

※ クリックで画像を拡大できます。

AHDカメラ入れ替え 配線図

※2 テレビへの接続について

テレビへの接続について

お手持ちのテレビのビデオ入力端子と映像ケーブル(RCA)(市販品)を接続します。録画しない場合はカメラの接続ケーブルをつなぎます。 テレビのリモコンの「入力切替」ボタンを押します。詳しくはテレビの取扱説明書をご覧ください。


※4 端子の防水処理について

屋外にカメラを設置する場合、映像端子や電源端子などに防水処理が必要です。
防水処理には市販の自己融着テープをおすすめします。

『自己融着テープの使い方』を参照

※7 ACアダプターについて

新しいカメラに付属しているACアダプターを必ずご使用ください。

※8 レコーダーへ接続

レコーダーへ接続

【ハードディスクレコーダーと接続】

カメラの映像ケーブル端子がBNCであればそのまま接続可能です。 映像端子(RCA)であれば付属の『BNCプラグ⇔RCAジャック変換コネクター』 を用いて接続します。カメラは4台まで接続でき、同時録画が可能です。

【SDカードレコーダーと接続】

カメラの映像ケーブル端子が映像端子(RCA)であれば接続可能です。 カメラは1台のみ接続でき、マイク付カメラと接続すれば録音が可能です。
【他社製品との組合せについて】
他社製品と組合せた場合、映像が乱れるなど正しく動作しない場合があります。弊社製品同士の組合せをおすすめします。

※9 延長ケーブルでの配線

延長ケーブルを使用する場合は変換コネクターH-1が必要です。

ページの先頭へ